仙台 ウェディングブーケ(ブライダルブーケ)、プレゼント用・2次会向けミニブーケなど、ひとつひとつ心をこめてお作りいたします

幸せのアイテム Column

幸せのアイテム

ブライダルにまつわる用語は、準備を進めていくと次から次へどんどん出てきます。
聞き慣れた用語でも、普段は詳しく知らずにやりとりすることもあるかと思います。
贈る相手のために、自分のために…。込められた意味や名前の由来などを、ほんの一部ご紹介いたします。

4つのサムシング

結婚式で花嫁が4つのものを身につけると、幸せになれるというおまじない。

Something Old

なにかひとつ古いものを。
祖先、伝統などを表します。
先祖代々伝わった、または家族から譲られた宝飾品を身につけるのが一般的です。

【アイテムの一例】
結婚衣装や一緒に使われたベールやレース、リボンなど

 
Something Old

なにかひとつ青いものを。
聖母マリアのシンボルカラーである青を表し、花嫁の純潔、清らかさの象徴とされています。青いアイテムは、目立たない場所に着けるのがよいとされています。

【アイテムの一例】
青いリボンのついた
ガーターなど

 
Something Old

なにかひとつ新しいものを。
これから始まる新生活を表します。
新調したものなら何でも
よいのですが、一般的には白いものを用意 します。

【アイテムの一例】
靴や手袋など

 
Something Old

なにかひとつ借りたものを。
友人や隣人との縁を表します。幸せな結婚生活を送っている人から何かを借りることで、その幸せにあやかろうとする意味があります。

【アイテムの一例】
ハンカチやアクセサリーなど

幸せの結び目

男性が野の花を摘み、
愛する人にプロポーズの意味を込めて
贈ったのがブーケのはじまりと
されています。

ベール

男性からのプロポーズに対し、
女性が「Yes」の返事として
その花束から一輪を抜きとり、
彼のボタンホールに挿したのが
はじまりといわれています。

フラワーシャワー

花の香りによって辺りを清め、
悪い運からふたりを守る意味があります。
ライスシャワーは、子宝に恵まれるように
との願いが込められています。

上向きの花

ヒマワリ(花言葉:私の目はあなただけをみつめる、熱愛)
ヒマワリが伝播した地域ほぼ全てで
「太陽」と結びつけられている花。
ふたりで歩む人生が前向き(上向き)
であるように、といわれています。

クローバー

四葉のクローバー(花言葉:幸福)
自然界での四葉の確率は「10万分の1」
ともいわれています。4つの葉は
誠実・希望・愛・幸運の意味が
込められています。

ハッピーアニマルズ

ブタは幸福を運ぶ動物(富と繁栄の象徴)
として、クマは英単語でその意味以外に
「実を結ぶ・子を産む」という意味が
あります。

バームクーヘン

輪切りにすると木の年輪のような
模様になることから、長寿・繁栄の
象徴としてお祝い事にはかかせない
お菓子です。

香りのつよい花

花の香りで清め悪魔をはらうことから、
ハーブとともに魔除けアイテムとして
親しまれています。
すずらんを花嫁に贈る習慣もあります。

木のスプーン

ヨーロッパでは、花嫁に贈る慣しが
あります。幸運をすくい取るといわれ
ラッキーアイテムになっています。
料理上手になり、一生食べるのに
苦労しないとも言われてます。

アイビー

(花言葉:永遠の愛)
年間を通じて緑を失わないことから、
古代から不変の愛と永遠の幸福の
お守りとされており、魔除けの意味も
あります。

オレンジ

(花言葉:花嫁の喜び、純粋)
花と実を同時につけることから、
ヨーロッパでは愛と豊穣のシンボルと
されており、花嫁がオレンジの花を飾る
風習があります。

スパイスブーケ

ブーケに木の実やスパイス、
手作りのパールや花をあしらい、
変わらぬ愛を、変わらぬ素材でつくり
永遠の愛を祈るという意味があります。

幸せの結び目

幸せをもたらすおめでたい
リボンの結び方。また、ふたりの絆が
ずっと離れないようにという意味が
込められ、ブーケにつけたりします。

ベール

清純・無垢のシンボルで、
悪魔や悪霊から身を守る意味があります。

幸せの結び目

花嫁を見守ってくれた天使たちが、
次に幸せになる女性のもとへ行くように
との願いが込められています。

ベール

ユリ(花言葉:純潔、無垢)
キリスト教では白いユリは
マドンナリリーといわれており、
聖母マリアの純潔を象徴するものです。
そのため古くから花嫁を飾る花として
使われています。